2009年05月19日

80年代の爽やかでちょっぴり場末な風 シャカタク




シャカタクの「ナイトバーズ」を聴くと、ふわぁ〜っと80年代の風が吹いてきます。
暗かった70年代前半、もやもやしていた70年代後半を経て、「何も考えてないもんね」な80年代はオシャレなフュージョン全盛期です。

わけもなくニューヨークがオシャレだったり、カフェバーが格好良かったり、DCブランドが流行りだして、ニコルとかBIGIとかイッセミヤケとかが、バカみたいに高い値段で売られていた。そんな時代です。

日本では、寺尾聰の「ルビーの指輪」とか「シャドウシティ」とかの、都会的な歌謡曲が流行っていて、とにかく田舎は全部ダメで、都会的なのがかっこよかったんですね。

で、シャカタクですが、今聴くと結構「不健康」です。場末のネオン街がよく似合う。そんな音楽です。でも、懐かし美しい・・
posted by さなやん at 17:35| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
80年代に流行ったフュージョンの定番曲の悲劇は、やたらと使われすぎたってことでしょうね。
様々な意図しない場所で耳にして、色褪せてしまったと言うか。
その昔、手に入れた裏ビデオで「ナイトバード」がBGMで流れていたのを覚えています。
Posted by ミモサク at 2009年05月24日 16:20
はっはっは。裏ビデオのBGMですか。それは悲惨・・

オシャレをつきつめると、人畜無害な音楽になってしまうというのが80年代フュージョンの残した教訓でしたね
Posted by りろ@Sternklang at 2009年05月25日 01:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

逆.えんで37マ.ン稼げたwww
Excerpt: ツレがもうかったっていってたから試してみたらマジでナマでハメまくってるだけで37マ.ンもらったw しかも中.出しが当たり前だしwww ⇒ sersai.com
Weblog: マ.ラ太郎
Tracked: 2009-05-24 01:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。